こぼれ話

小川での出会い

 

 著者が小学校に上がるか上がらないかの頃、著者の母親が、知らない町の友人のところに、著者を連れて遊びに行ったそうです。小さな男の子は、女性同士の長話に飽き、散らない町を探検してみることにしました。

 

 いくつか路地を抜けると、小川に出ました。そこでは何人かの子供が水遊びをしていました。そのうちの一人の女の子と仲良しになり、ザリガニを取ってあげたり、葉っぱで水車を作ってあげたりしたのだそうです。母親が心配して探しに来たころには、陽が暮れかかっていたそうです。

 

 また、著者が旧制中学の頃、街頭に面白いテキヤのおじさんがいて、その口上を聞きに、よく学校帰りに寄り道をしたそうです。その時、同じようにそこに来て笑い転げていた、愛らしい女学生がいたそうです。

 

 大人になって著者が細君に出会った時、テキヤのおじさんの件は直ぐに話題になったそうですが、小川での出会いは、二人が結婚して何年も経ち、著者がその話を細君にするまで、二人ともそれが人生最初の出会いだったことに気付かなかったということです。

 

 ご存知のように、小川での出会いのエピソードは、後に『だれも知らない小さな国』の、重要なモチーフになっています。

 

 

 

 

 

 

 

小さなもの

 

 子供の頃から小さなものが大好きで、ミニチュアをコレクションしていた著者。

家族や友達もそれを面白がり、収集に協力してくれたそうです。

碁盤、キューピー人形、茶碗、雪靴、鍵、郵便ポスト・・・

精侯であればあるほど、小さければ小さいほど、大切に思えたそうです。

そして、それらの物は、今でもまるで手の中のあるように思い出せると。

 

 戦争を経てコレクションは散逸してしまい、集めたものにはすっかり執着が無くなったそうですが、今でも小さな物を見ると、つい買い求めてしまうそうです。

 

 著者のそんな性癖が、コロボックルを生んだ要因のひとつかもしれません。

 

 

 

 

 

 

分岐点

 

 著者が16歳、旧制中学4年生の早春のことでした。学校から上野の美術学校(現芸大)へ推薦してもらえることになり、家に帰って母親に報告したところ、「ここへお座り。おまえは長男ですよ。早く一人前になって、お父さんの代わりにきょうだいたちの面倒を見なければなりません。第一うちには絵の勉強をさせる余裕はありません」と言われました。

 

 父親は著者が14歳の時に戦死しています。少年の暁(さとる)は、素直に『それもそうだな』と思ったそうです。

 

 もしそこで美術の方へ進んでいたら、三文絵描きになったに違いない。自分より絵の巧い奴はゴマンといる。文章だから好きなように書けた。後々そう思ったそうです。

 

 運命なのでしょうか。

 

 

 

 

 

クリクルの剣

 

 

 

 

 

 

 「オウリィと呼ばれたころ」の表紙に書かれている小人の絵は、著者自信が描いたものです。

 

 昭和20年春、粟粒結核の宣告をされて海軍水路部から自宅療養(事実上免役)を命じられ、家にいた頃描いたものだそうです。

 

 描いたのは、子供の頃からこころの中にあった小人。描きながら浮かんだ名前は「クリクル」でした。(コロボックルに似てますね)クリクルが腰に下げている剣は腕時計の秒針だ、と思ったそうです。その頃、3針式(秒針のあるもの)の腕時計は、誰でも持てるものではなかったそうです。

 

 夏、旭川に疎開することになり、自宅を海軍クラブに提供することになりました。そこを管理する海軍下士官は、元時計屋さん。時計屋の時から持っていた製品の一つを、記念にと著者にくれたそうです。

 

 それはクリクルの剣が付いた、3針式だったそうです。秒針を見た著者は『あ、これだ!おんなじだ。先に描いちゃった』と思ったそうです。

 

 

 

 

88歳の男の子

 父の書斎を整理していたら、空き箱、空きビン、木端、包み紙、ネジや紐類などが、沢山出てきました。どうやら私の目を盗んで溜め込んだも物のようです。何時でも何でも工夫して作れるように、と思ったのに違いありません。「88歳の男の子」です。

 

 また、ポケットの沢山ある服が好きでしたが、そのポケットの一つ一つから、いろいろなメモ書きが出てきました。買い物用のメモもありますが、江戸時代の算法、油絵の具の色の名の由来、里歌の草稿、何処かわからない家の間取り図などなど、面白いものばかりです。昔は何かを思い付くとちゃんと手帳に書き留めていたようですが、歳を取ってからは、忘れないうちに、と「手あたり次第」書き付けたのかもしれません。

 

 

つづく

 

 

 

 

 

 

 


概要 | サイトマップ
無断での転用転載を禁止します Copyright(c)2011 株式会社あかつきAll rights reserved