佐藤さとる画
佐藤さとる画

NEWS アーカイブス

2014年 

 

★12月14日付け朝日新聞に、「オウリィと呼ばれたころ」の書評が掲載されました。

 


★佐藤さとるの自伝的小説「オウリィと呼ばれた頃」・終戦を挟んだ自伝物語」理論社より刊行。

10月17日配本。

小山を離れた「僕」が、成人して懐かしい土地に戻て来るまでの,酢空白の数年と重なります。

 

    本格的に日本のフェアリー・テールズを書こう。

    ぼくは旭川の粉雪の中でそう決心した。

   (本文より)




★ 岩田道夫  詩画集 はれのちくもり ぷねうま舎より刊行。


    出版記念追悼原画展 10月8日~26日 ジュンク堂 旭川 2Fギャラリー 入場無料

     児童文学者・詩人・画家であった岩田道夫氏は、佐藤さとるを生涯の師と仰いでくれました。

     4月、旭川から遊びに来られ、倒れる前日まで著者と親密に過ごしていました。

      追悼詩画集には、著者からのメッセージが添えられています。

 

 

2014年5月26日「机の上の仙人」ゴブリン書房より刊行

   懐かしい机上庵方寸先生にまた会える!


 

 

★速報!!

   2014年5月17日より、「だれも知らない小さな国 私家版復刻版 コロボックル

   物語書き下ろし付録付き」が、 子どもの本の専門店クレヨンハウスにて販売

  されます。 書店店頭での販売は、クレヨンハウスのみです。

   当サイトのネット販売でお手元に届かなかった方は、この機会をお見逃し無く。 

   ※恐縮ながら、増刷分に関しましては、当社では受発注を承っておりません。 

   直接クレヨンハウスへお問い合わせください。

 

 

★2014年5月17日 

     朝日新聞夕刊に、佐藤さとるから有川浩さんへの

   コロボックル物語、バトンタッチについての記事が掲載されました。

 

 

★2015年4月14日

     有川浩さんの「コロボックル絵物語」が、村上勉さんの

   挿絵で、講談社より刊行されました。

   現代の子供たちへ受け継がれる、新たなコロボックル物語の始まりです。

 

 

2013年

 

★日経新聞、2013年9月21日夕刊に、佐藤さとる著「わんぱく天国」の記事が

  掲載されました。 


 

★2013年8月29日(木)~9月5日(木)、横浜都筑区総合庁舎1階 区民ホールで、

  佐藤さとるパネル展が開催されます。

  横浜市都筑図書館でも関連資料を同時展示。 こちらの会期は9月12日まで。


 

★2013年7月、だれも知らない ちいさな国・私家版復刻版は、販売を終了いたしました。

 皆様、ありがとうございました。


 

★鬼ヶ島通信6月号より、佐藤さとる自伝的小説、「オウリーと呼ばれたころ」の連載が始まります。


 

★読売新聞3月9日号に、だれも知らない小さな国・私家版復刻版の記事が掲載されました。


 

★猫新聞3月号に、短編童話「白魔女さんと黒猫クロ」が掲載されました。

  リンクページの最期に、お話のモデルになったお店が載っています。


 

★クレヨンハウス通信3月号に、コロボックルシリーズと私家版復刻版が掲載されました。


 

★だれも知らない小さな国 私家版復刻版 2013年2月13日刊行!ケース付き1680円。おまけに書下ろしコロボックル物語「ブドウ屋敷の謎」も。3月3日よりご予約開始です。


 

 

 

2012年

 

★月刊文芸春秋12月号に、佐藤さとるによる、有川浩・作「旅猫リポート」の書評が

掲載されました。


 

★2012年11月、村上勉挿絵の絵本「まめだぬき」が、フレーベル館より復刊しました。


 

★2012年10月、株式会社あかつきの出版部門として、「コロボックル書房」を立ち上げました

 

★2012年7月、「天狗童子」が講談社文庫の仲間入りをしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



概要 | サイトマップ
無断での転用転載を禁止します Copyright(c)2011 株式会社あかつきAll rights reserved